女性に多い下肢静脈瘤|名医による手術でしっかりと治療しよう

看護師

更年期障害の薬

医者

プレマリンは、更年期障害の治療で主に利用する薬です。女性ホルモン剤と呼ばれるもので、卵胞ホルモンを補い、女性特有の症状を改善させていくというものです。卵胞ホルモンが減少すると、月経異常や更年期障がい、不妊症や子宮出血という症状が現れます。卵胞ホルモンを補うことにより、この症状を改善させていきます。更年期障害以外にも、膣炎や機能性子宮出血、卵巣機能不全症というような症状の改善に利用されています。プレマリンは1日2〜4錠程度を服用することが多いです。服用量が多くなる症状もあり、機能性子宮出血や膣炎の場合だと、通常の量よりも多めに服用する必要があります。年齢や症状によって服用する量が変わっており、1回分の用量を守ることが大切です。飲み忘れ時に2回分まとめて飲むということは厳禁です。

プレマリンを利用することにより、食欲不振や吐き気、嘔吐やむくみ等の副作用が出ることがあります。 しっかりと用量を守って服用することが大切です。 プレマリンを服用する場合、インターネットを利用して購入することも可能です。インターネットを利用すると、好きな時間やタイミングで薬を購入することができます。国外で生産されている薬の場合、海外より商品が出荷され、日本の通関検査を通ります。通関を通ると荷物が配送され、商品が到着します。予め処方されている量を知っている場合、薬を通販することで通常よりも安く手に入れることができます。