女性に多い下肢静脈瘤|名医による手術でしっかりと治療しよう

女医

頭痛の対処

看護師と患者

頭痛とは頭が痛くなる症状で様々な原因が存在します。そのため正しい対処が必要で間違った対処では症状が良くならないほか、かえって悪化してしまうこともあります。そのため専門家による受診が大切です。

More...

概要と治療方法

ドクターと看護師

下肢静脈瘤の概要について

静脈瘤の状態になって弁が壊れた状態になると血液の逆流が起こるために血液の流れが滞ることになります。その結果として下肢は疲れやすい状態になり、こむら返りなどが起こりやすい状態になります。この病気は女性に多い病気です。そのためこの病気の見た目を気にする人も多いです。大きく膨らんでしまった血管は皮膚の上からはっきりと確認することが出来るため、下肢静脈瘤になった人は足を見せることができずにすべての季節で長いズボンをはかなくてはいけないなどの制限が出てしまいます。これらの治療には硬化療法が効果的であると言われています。

現在の治療方法について

下肢静脈瘤は現在では多くの治療法で改善することが可能です。下肢静脈瘤は病気になる血管によって適切な治療方法が異なります。細い血管の場合には硬化療法という注射での治療が有効になります。患部に注射をすることによってその部分の血管は硬化し患部への血流がなくなり、いずれは吸収されるためきれいな状態に戻ります。大きな血管に対してはストリッピング療法が有効です。血管を縛って抜き取る方法であり、多くの病院で行われている治療法です。病院にもよりますが入院が必要になる場合もあります。最近広がってきている治療法がレーザーによる治療法です。血管内に針を差し込んで焼却する方法や皮膚の上からの照射で治療効果を期待できる機器もあります。下肢静脈瘤の名医がいる病院を探し、手術を受けると良いでしょう。名医が手術を担当してくれると、安心して任せることができます。

偏頭痛と薬

女の人

偏頭痛持ちは非常に多く、この頭痛が激しいため日常生活もままならないという場合もあります。時には吐き気がする場合もあり、専用の薬により一時的に症状を抑えることが出来ます。必ず処方してもらうことが大事です。

More...

更年期障害の薬

医者

更年期障害の治療で女性ホルモン剤として使われる薬に、プレマリンがあります。プレマリンは卵胞ホルモンを補い、女性特有の症状を改善させていきます。他にも機能性子宮出血や膣炎にも効果があり、様々な症状の改善ができます。

More...